Bluetoothデバイスを検知したらMacでアクションを自動で実行するアプリ「BlueSense」

MacでBluetoothのシグナルの強度でアクションを実行するBlueSense.jpg

Bluetoothデバイスの受信強度から予め指定しておいたアクションを自動で発動させるMacアプリ「BlueSense」を紹介します。アップルウォッチにてMacのロックを自動で解除できるようになりましたが、BlueSenseではそれ以上のことを指定することが可能です。

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大

Macでアクションを自動実行

BlueSenseではBluetoothデバイスの信号を常に検知(設定で調整可能)していて、そのBluetoothデバイスがMacから離れたり、反対に近づいてきたりすると指定していたアクションをAppleScriptにて実行します。

たとえば、BluetoothデバイスがMacから離れてシグナルが弱くなったら、Spotifyの再生を停止させたり、スカイプをオフラインにしたり、スクリーンセイバーのパスワードを求めるといった具合のことが自動でできるようになるわけです。

逆にシグナルが強くなった場合は、Spotifyの再生を再開、スカイプをオンライン状態に、スクリーンセーバーのロックを解除などを自動で行います。

AppleScriptはBlueSenseのサイトからサンプルをダウンロードすることができます。

使い方次第でいろんなアクションが実行できるBlueSenseを使って快適な自動化を手に入れてください。BlueSenseのサイトから試用版を試すことができます。

BlueSenseをダウンロード

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大
macyoursレクタングル大

シェアする

フォローする