iPhone7とiPhone SE(3Dタッチ未対応)の通知処理には違いがある

iOS10の通知の処理方法.jpg

iOS10になり通知の処理の方法が若干変更されました。特にロック画面での通知の処理は毎日頻繁に行う作業のひとつですが、3Dタッチが使えるiPhoneとそうでないiPhoneとでは処理の仕方に違いがあります。

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大

iOS10の通知処理は目が覚める

iOS 10 Notifications: One Step Forward, One Step Back

news.dueapp.comより。

3Dタッチ搭載のiPhone6sやiPhone7と非搭載のiPhone6やiPhone SEでは通知の処理が違います。

iOS10では3Dタッチを使って通知を処理する仕様になっていて、半ば3Dタッチ対応端末では3Dタッチを使わないと通知を上手く処理できません。

みなさんは、この通知の処理に3Dタッチを使う行為、この行為に満足しているでしょうか。少なくともぼくは現在少し不満です。

たとえばメールの既読や削除はロック画面の通知から処理することが非常に便利でよく使っています。掘り下げると、メールアプリでのぼくの必須の機能としてメールの既読・削除ができるのはもちろん、パスコードを入力せずともそれらが行えることが非常に重要な要素です。

普通?になるのかな? ほとんどのメールアプリでは既読処理や削除するときにパスコードを求められますが、求められないものはやはりワンステップ必要ないということで非常に楽に処理ができるんですね。

セキュリティ面でどうなんだと思われるかもしれませんが、ぼくの場合はそれを犠牲にしてでもパスコードの認証は省いて処理したい派です。ほんとこのワンステップが必要ないだけでかなり楽に処理できます。

しかしこの通知処理がiOS10になって3Dタッチを使わなければいけなくなりました。「3Dタッチは目が覚める」と上に書きましたけど、そう、3Dタッチはある程度力が、画面を押し込む力が必要になります。

これが非常にぼくにとっては厄介で、たとえば朝目覚めたとしましょう。iPhoneで通知を見ます。処理します。目覚めたばかりでの3Dタッチは辛いです。iOS9のように左スワイプとタップだけの方が楽にできていました。押すだけではなくiPhoneをある程度は支えることにも力をつかっているでしょうからこれはなかなかに不便なことだとぼくは感じています。

対して3Dタッチ非対応のiPhone SEでの通知の処理の仕方

iOS9とiOS10の通知処理の違い.gif

画像元: iOS 10 Notifications: One Step Forward, One Step Back

この画像はiOS9とiOS10のロック画面における通知処理の違いです。右側のiOS10では3Dタッチを使ってメニューが表示されています。たしかにロック画面からできる選択肢は増えましたが。。

iPhoneSeとiPhone7の通知処理の違い.gif

画像元: iOS 10 Notifications: One Step Forward, One Step Back

こちらの画像はiOS10のロック画面におけるiPhone SEとiPhone6sの通知処理を比較したもの。左が非対応のiPhone SEです。3Dタッチでメニューが呼び出せないので左スワイプのメニューが右よりも多いのがわかるかと思います。

対するiPhone6sはというと、3Dタッチ有りきなので左にスワイプしたところでほとんどなにもすることはできません。

iPhoneSEの通知メニューを表示する.gif

画像元: iOS 10 Notifications: One Step Forward, One Step Back

この画像を見てもらうとわかりますが、上の画像で表示されていたiPhone SEのViewはアプリを起動してからのViewではなく、メニューを表示させるViewになります。アプリを起動して見る場合は、これまで右スワイプにその役割が割り当てられています。

つまり、3Dタッチ非対応端末ではメニューを表示させるのにView(日本語では「表示」)をタップする、対する3Dタッチ端末では通知を押し込むことが必要になるわけです。

たしかにロック画面から通知を処理する選択肢は増えました。しかしたとえばメールで既読処理、削除するときにこれまでのiOS9よりも少し面倒になったなとぼくは感じています。既読、削除するのにわざわざ3Dタッチしなければいけないなんてね。

ちなにみ左スワイプでClear(日本語では「消去」)と出ますでど、それはメールを消去するという意味ではなくて、ロック画面から見えなくするという意味です。

3Dタッチは目が覚める、力が要るんですよ。サクサク通知を処理したいのにそれぞれに力が要るなんてね。

しかもスライドさせてからのスワイプダウンできない

これも悲しいです。スライドさせてからのスワイプダウンできないとはどういうことがいうと、3Dタッチを使ってメニューを表示させて画面から指を離すことなくそのまま指をスライドさせてからのメニューの選択がなぜかできません。たとえばホーム画面にてアプリアイコンを3Dタッチするとメニューが表示されますが、これはそのまま指をスライドさせて選択できますよね。

ま、ここまで愚痴っぽくなっちゃいましたけど、選択肢は増えたのはいいが、増えてどうする、特にメールに至ってはこれまでのように2つの選択肢、つまり既読にするか削除するかのために3Dタッチを使うことになるというのはいただけません。

しかも、通知には左下端に「押してさらに表示」とその分ロック画面の貴重なスペースをその文言が占拠しているのもなんかな~とは思います。表示せざるを得ない理由があることも含めてね。

iPad Proも3Dタッチ非対応ですから既読、削除するには表示をタップしないといけなくてステップがひとつ増えました。

せめて、そのままスライドさせてのスワイプダウンはできるようになったらいいなと思います。

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大
macyoursレクタングル大

シェアする

フォローする