イヤフォンジャックとライトニングポートではiPhone落下時に大きな違いが出る

ヘッドフォンジャックとライトニングケーブルの落下時の違い.JPG

知っての通り、iPhone7ではイヤフォンジャックが廃止されてライトニングポート仕様のEarPodsが付属するようになりました。この仕様変更によるちょっとわかりづらいが、確実にこれまでとは違う意外なメリットが存在します。

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大

ライトニングポートはちょっとやそっとでは外れない

I Used The New iPhone 7 And, TBH, Having No Headphone Jack Was Not That Bad – BuzzFeed News

これまでの3.5mmヘッドフォンジャックでは経験ある方も多いでしょう。iPhoneのヘッドフォンジャックからイヤフォンが抜けてしまったことが。ヘッドフォンジャックは意外と抜けやすく、そう力を使わなくても簡単に着脱が可能です。

例えばEarPods使用中にiPhoneを落下させてしまったら、そのiPhoneは落下してしまいます。iPhoneよりも軽いiPod Shuffleでも同様に落下してしまうので、その着脱の容易さが想像できるのではないでしょうか。

対して、ライトニングポートではどうでしょう。iPhoneを充電中やパソコンと同期中にiPhoneをデスクから落下させてしまったことはないでしょうか?その時iPhoneはライトニングケーブルから外れたでしょうか?おそらく外れていないのではないでしょうか。

anigif_sub-buzz-22866-1473713168-1

ライトニングケーブルの場合

anigif_sub-buzz-16685-1473713194-15

3.5mmヘッドフォンジャックの場合

このGIF画像をみてください。iPhone7の落下テストでもライトニングケーブルは接続されたまま、iPhone7が床に落下してしまうのを防いでいます。これがbuzzfeed.comが言うところのメリットなんですが、これは果たしてメリットなのでしょうか。

MagsafeとMagsafe2

以前MacBookに採用されていたMagsafe。これは非常に着脱が容易で簡単に外れる仕様になっていました。これはケーブルを意図せずに引っ掛けた場合にMacBookが引きずられてデスクなどから落下してしまうのを防ぐためだったように記憶しています。

しかし現在のMagSafe2では以前のMagSafeよりも接続が強固になり簡単には外れません。どういう意図で以前よりも強固になったのかはわかりませんが、ケーブルを引っ掛けてしまうと間違ってデスクからMacBookが落下してしまう可能性もなくなさそうです。

確かに外出時にアスファルトの地面に意図せずにiPhone7が落下してしまわないという大きなメリットはあるものの、外れにくいというのは果たしてセーフティなのか。

ひとつ言えるのはライトニングケーブル仕様のイヤフォンはこれまでの3.5mmヘッドフォンジャックに比べて着脱が容易ではないということで、その煩わしさは最初慣れるまで忍耐が必要になってくるかもしれませんね。

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大
macyoursレクタングル大

シェアする

フォローする