iPhone7でイヤフォンを充電しながら使うとすると自然とこうなる

iPhone7のイヤフォンジャックの廃止.jpg

iPhone7から3.5mmヘッドフォンジャックがなくなったのは周知の事実です。だからと言って無線になったわけでもなく付属のイヤフォンはLightningケーブルから有線にて使用する形となりました。

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大

アダプタを噛ませるとこうなるわけですね

Lightningポートといえば、そう、iPhoneの充電をする場所です。iPhone7ではここをイヤフォンジャックと共有させたわけです。つまりこれまでのように充電しながらの有線イヤフォンの使用はアダプタなしにはできなくなりました。

しかし、それが実にかっこよくない。スマート、シンプルとは程遠く、しかしこれが現実です。

これです。充電が必要ないならこれまで使っていたお気に入りの3.5mm仕様のイヤホンの先にアダプタを付けるだけで済む話なんですが、充電しながらとなるとこうなるわけですね。

これじゃiPhone7も形無しです。かっこよくない。

3.5mmイヤフォンジャック廃止の副産物がAirPodsなのか、それともAirPodsありきの今回の廃止なのかはわかりませんが、AirPodsはなかなか楽しみなプロダクトではありますね。

アップルはBeatsの買収からスピーカーの音質の向上がみられるように、AirPodsの音質もきっと抜かりなくやってくれているでしょう。あの小さなイヤフォンであってもね。

今回の3.5mmイヤフォンジャックの廃止は時期尚早な決断だったのか。予約状況の流れを見る限り、そんな声は搔き消えたようにも思えるし、そう考えるとコアなイヤフォンユーザーの不満はアップルにとってはコアな分、それは少数の意見に過ぎないとみての今回の廃止の判断だったのかもしれません。

イヤフォンジャックが廃止された恩恵が、まだ発売前のこの時期では確認することができません。ただもう一方、これを礼賛している人もまたいないようですね。イヤフォンジャックの廃止はまだまだ未知数ということになるでしょうか。

果たして、iPadやMacのイヤフォンジャックの運命は。。

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大
macyoursレクタングル大

シェアする

フォローする