アルバム名が見えづらいのはフラットデザインのせいだ

アップルミュージックとフラットデザイン

アップルミュージックでアーティスト名やアルバム名、曲名が見えづらいと感じたことはないでしょうか。

Apple Music Designers Use Invisible Ink http://www.mcelhearn.com/apple-music-designers-use-invisible-ink/

mcelhearn.comより。

アップルミュージックにてアーティスト名やアルバム名、曲名が判別しづらいという問題。今回のこれは、文字が小さくて判別しづらいというわけではなくて、色が関係しています。

どうやらアルバムアートワークの配色と、そのアルバムの名前やアーティスト名の配色には関係があるようで、同じ色のパターンが使われているとのこと。その配色された文字とヘッダー画像にちょっと問題があります。

参考: Apple Musicのヘッダー画像のぼかしに隠された秘密

アップルミュージックの曲名とアティスト名

ジャンルリストからぼくも確認してみました。結果はこんな感じ。特にアーティスト名はもう判別は無理なレベルですね。

このようにアーティストのヘッダー画像と文字の色が見事に被ってしまい文字が潰れて判別しづらい状態になっています。

アップルミュージックでは、アルバムそれぞれにアルバムの配色に使われた色がアルバムリスト全体を覆っていることがあります。ここでも確かにアルバム名やジャンル名などが判別しづらいことはあります。全体が黒地にチャコールグレーのアーティスト名とかね。

ただ見えにくい色の相性はあれど、これら自動で配色されたリスト全体の色と文字が、それぞれに同色とか極端に見えづらいことは恐らくほとんどないと言っていいぐらいに稀でしょう。

しかし、問題なのはヘッダー画像がある場合で、さすがにここまでは手が回っていないようですね。

そして上の記事のコメント欄から。

All thanks to iOS7+’s flat design that has been pushed to ridiculous extremes. I’ve never been a fan of it, and this is precisely why: the usability suffers.

Add a shadow behind the text, and the problem’s solved. But nope, that’s against the UI guidelines because it would make the interface too skeuomorphic, too pseudo-3D.

テキストにシャドーを付ければ見やすくなるのにとのこと。フラットデザインはろくなもんじゃねえと笑。

アップルミュージックのぼかし

ただこの問題はiPhone特有の問題で、iPadではヘッダー画像が文字と被って邪魔することはありません。iPhoneだとスペースの問題から被っちゃうんですね。ただiPadのヘッダー画像のショボさよ。。

確かにヘッダー画像があればリスト全体のゴージャスさが増すんですがどうしたもんでしょう。

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大
macyoursレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大