SIMアダプタが抜けずLumia 636のSIMスロットが破損する

Nokia Lumia 636 SIM slot break 2906

購入後数日の後、早速Lumia 636のSIMスロットが壊れてしまった。つまりもうこれでLTEや3Gのモバイルネットワークは使用することができない。残念ながらLumia 636はデュアルSIMでもないから。破損した原因は、、

Nokia Lumia 636 SIM slot break 2901

Lumia 636はマイクロSIM。SIMカードが接着する部分にあるはずの金色の金属片がないのがわかるだろうか。

Nokia Lumia 636 SIM slot break 2902

3つあるはずの金属片がキレイに根本からぽっきりと折れてなくなってしまっている。一番上の金属片はなんとか残っているが少しでも触るとぽっきりといってしまうだろう。

Nokia Lumia 636 SIM slot break 2905

接着部分に何もなくSIMカードを挿しても読み取ることはできない。恐らく1つでもかけると通信はできないのではないだろうか。

Nokia Lumia 636 SIM slot break 2903

ここからでも見えないが中の金属片3つがあってそれも破損してしまっている。

Nokia Lumia 636 SIM slot break 2907

原因はこのマイクロSIMアダプタ。SoftBankのNanoSIMを使ってみるということで、これを試しに挿してみたところ見事に抜けない。ない知恵を絞っていろんな角度から引っ張ってみるがどうしても無理で、むしろその穴は大きく広がっていくばかり。

Lumina 636の背面ボディーを外すことができれば手前に引っ張らずに救出することができるだろうがそれには特別な工具が必要とあって面倒アンドやけになる。

このボロボロのSIMカードがやけになったその格闘を物語っている。そして先端の部分にきれいに3つ穴が空いているのがみえるだろうか。ここに尖った金属片が抜くときに上手く突き刺さってしまったわけだ。

そして自棄になり、力いっぱいに抜くとそれは見事に抜けたが「チャリン」という虚しい音とともに金色の光る金属片が机に落ちる。そしてチャリンチャリンいうのでLumia 636の斜めにしてみるとその同じ金属片が砂のように無音で落ちてきた。背面ボディーのお陰で中は見ることはできないけれど、変な場所で折れてしまったようだ。

ということでNokia Lumia 636は絶賛Wi-Fi運用中。どうやらDualSIMスロットは故障の時にも便利なようだ。

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大
macyoursレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大