木下優樹菜(ユッキーナ)が劣化した理由

あんなに可愛かった、かっこよかったのに。。哀しいかな、ある程度劣化していくというのは宿命であり、そして芸能界もその例外ではない。加齢による劣化とは別の劣化について考える。

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大

小さいころはとても可愛かったのに

「あの子小さいときは可愛かった」とは女性についてよく聞かれる言葉ではないだろうか。ではなぜ可愛くなくなったのか。ちなみに今回のかわいいとは美人よりのかわいいである。

顔の黄金比の変化

ブサイクな顔よりもかわいい顔のパターンの方が少ない。どういうことかというとたとえば、目、鼻、口、骨格、眉毛などなど数種類の顔のパーツが用意されランダムにコンピュータか何かで組み合わせるとするすると、たまにしかかわいいと思える顔は出来上がらないだろう。

かわいいという顔つきは稀でありそのバランスが崩れるとたちまちにかわいさが損なわれてしまう。小さいときにかわいかったのは奇蹟的にパーツもよくそしてそのバランスが優れていたのでかわいかったのだ。成長するに従ってそのバランスが徐々に崩れていくので可愛さが損なわれていく。

可愛くないから可愛いへ

逆にかわいくなかったのにかわいくなったということももちろんある。「昔はかわいくなかったのに」と。これも同じような理由で黄金比に近づいたためにかわいくなっていったのだろう。

木下優樹菜の場合

ユッキーナこと木下優樹菜の場合を考えてみよう。彼女は若干26歳。普通に考えると劣化するにはまだ早い。たしかに手を抜いていてもかわいさを保てる10代、そしてまだまだ勢いのある20代前半を考えると女性にとって26歳という年齢は若くはないと考える方もいるかもしれない。

顔が長くなり面長になった

男性はもちろん女性でもある程度は成長の最終段階で顔が長くなり面長になってくる。正確に言うと顔の下の方が伸びて長くなる。顔が長くなるので大人っぽい顔つきになりここでホッペタがお多福のようなふっくら感がなくなり子供らしさが失われる。

もちろん多少長くなってもかわいいままの女性も存在するが彼女の場合はそれが黄金比を崩す要因になったのではないだろうかと考えている。

ユッキーナの姉たち

前にSMAPxSMAPでまだ木下優樹菜がかわいかった頃に姉2人と共演したことがあった。美人姉妹というし彼女の姉だからということで勇んでテレビを見てみたが期待は裏切られてしまった。姉2人は普通だったから。

そのときにこう思った。将来こうなるのではないかと。姉2人に近づくのではないかと。

復活する場合もある

特に女性は心理的要因などから体調を崩して暴飲暴食に走ったりで体重の増減が激しかったりで、それは容姿にもダイレクトに影響してくる。その一端が劣化の原因だった場合では劣化が止まり、または劣化が改善してもとの美しさに復活することもある。

彼女、ユッキーナも例外ではないし、それを強く望んでいる。もちろん整形以外で。

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大
macyoursレクタングル大

シェアする

フォローする