野菜と肉を別々に焼けるセパレート型ホットプレートの意外なデメリット・落とし穴

最近のホットプレートは焼きそばとか焼肉など料理に合わせた使い方ができるように複数のホットプレートが付属していて、またそれがメリットでもある。フライパンのように平面なホットプレートをはじめ、肉の余計な脂を落とす落とし穴が付いたホットプレートなど工夫を凝らしたホットプレートが存在し人気である。がしかしそこには思いも寄らなかった落とし穴が。。

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大

野菜と肉を別々に焼くことで生じるデメリット

ホットプレートは面積が広く家族や大人数で囲んで調理する以外にも、その大きさから調理がしやすいので、もっぱらホットプレートの出番ばかりになってしまいフライパンをほとんど使うことがなくなってしまった。玉子焼きから焼肉、そしてピザまでホットプレートですべてまかなえてしまう。

いままでは平面のホットプレートのみですべての調理を行ってきたがその愛用ホットプレートの電源接続部分の調子が悪くなり通電しなくなってきたのでこれを機に新しくホットプレートを買い換えることになり、プレートが2枚付いているものを購入。ひとつは平面のみで、もうひとつが肉を焼く用に用意された溝つき波形プレートが半面あるプレートだ。

肉の脂を受け止める野菜がないと脂が周囲に飛散する

半面にある波形プレートで肉を焼き不要な脂分を落とし、もう半面の平面プレート側で野菜を焼くというのがメーカーも推奨する焼き方だしほとんどはそういう使い方を想定して消費者もそれを購入しているだろう。

私が購入したそのセパレート型のホットプレートは脂落とし穴もついており、これまでの平面一辺倒なプレートとは違いずいぶんと便利になったものだなと感心していたのだが、使ってみると意外な落とし穴・デメリットが存在したので紹介する。

それは肉の脂が飛散してしまうというデメリットだった。いままで使っていた平面のみのホットプレートよりもフローリングの床が明らかにベタベタ、ツルツルしている。広範囲に。それはなぜなのか理由がわからなかったが、最初は脂溜めにある脂が飛散しているのではと思っているぐらいで深く考えようとはしなかった。

しかし2回3回と焼き肉で使うに連れて毎度のようにもれなく床がベタベタ、ツルツルしてしまう。ちょっとこれには閉口してしまいもうひとつのプレート、平面のみのプレートを焼肉のときも使用し、セパレート型プレートはお蔵入りなんて思っていた。

ゴチャ混ぜの意外なメリット

平面のみのプレートでは一ヶ所で野菜も肉も一緒に焼く。そのときにキャベツやピーマン、タマネギなどの野菜が跳ねる脂を受け止め飛散するのを防いでいるのではないのかと考える。

そして平面のみのプレートで野菜も肉もまぜこぜで焼いてみるとセパレート型とは違い床に落ちる脂の飛散量がグッと少なくなった。この脂の飛散量が少なくなるという一点だけでセパレート型プレートを使わないという理由には十分だ。ゴチャ混ぜは偉大なのだ。

脂が飛び散るというのは厄介である。べたつくし臭いも残る。まさか野菜と肉を別々に焼くことで脂の飛散量が変わり床がヌルヌルしてくるとは。それと、脂の飛散関係なしにセパレート型は野菜炒めみたくゴチャ混ぜにできないので意外と使いにくかったりする。

ちなみに購入したのは「TIGER ホットプレート もう1枚 プレート2枚タイプ ブラウン CRC-A200-T」

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大
macyoursレクタングル大

シェアする

フォローする