iPhoneのアップデートでBluetoothがデフォルトでオンになっている理由

iPhoneのバッテリー節約術は巷に溢れているがその中に必ず入っているといってもいい「Bluetoothオフ」。そのBluetoothがiOS7からはデフォルトでオンになる仕様となっている。これはなぜなのか。ユーザーにとってオンにしておくメリットはあるのかないのかそれを考えてみたい。

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大

Bluetoothをオンにする理由はiBeaconのため

少しでもバッテリーの消費を抑えるためにBluetoothをオフにしているユーザーにとってはアップデートの度にBluetoothがオンになってしまうことは煩わしい。一昔前とは違ってBluetoothの消費電力が抑えられオンにしていてもバッテリーの消費に大きな影響はないといっても使っていないのにオンにしておくのは気持ちが悪いと考えるユーザーもいるだろう。

それでは本当にオンにしておくメリットはないのだろうか。

iBeaconとは

ForbesによるとBluetoothが標準でオンになっているのは新しい無線通信技術iBeaconを動作させるためだという。

iBeaconはiOS端末とBluetoothを介して近距離無線通信を行うサービスでGPSやWi-Fiでは捕捉が難しいユーザーの位置や行動を把握できる技術。Bluetoothを介して店舗にあるiBeacon端末とiOSがBluetoothで通信して客の動向をチェックすることができる。店側にとってはいわゆるビッグデータにも成り得る貴重なマーケティングリサーチでもある。

またiOSユーザー側にとっては店舗のセール情報や商品の詳細情報、メッセージやクーポンをiBeaconにて消費者に発信するということができる。

消費者側にとっては行動を監視されているようで気持ちがいいものではないと思われるかもしれないがそのビッグデータを利用することで消費者側にもメリットが生まれる可能性は大いにあるだろう。

iBeaconの将来性

現在でも世界中数多くのiOSユーザーが存在している状況で、いわずもがな日本も多くのユーザーを抱えていると考えるときiBeaconのその破壊力はなかなか凄まじいものになる、なっていく可能性が潜在的に存在しているとも考えられる。

iOSユーザーはiTunesでクレジットカード登録をしているユーザーも数多く将来的にはiBeaconを使用した決済方法が生まれキャッシュなしで決済できるようになるかもしれない。またアップルも囲い込みができるという意味でそれを考えているに違いないだろう。

いずれにしろ膨大なユーザーを抱えるアップルとしてはこのマスを利用しない手はないわけだ。

しかしまだまだiBeacon始まったばかりで現状ではユーザー側にもしくは消費者側にとってはメリットは少ないだろう。ユーザーにとって大きなメリットを生むかもしれないiBeaconに期待しつつも、結論としてはオフにしても問題ないということになる。

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大
macyoursレクタングル大

シェアする

フォローする