iPhoneやiPadがAppStoreの接続に時間がかかる&クルクル回ってダウンロードできない問題

これは間違いなくiOS7の弊害である。iOS7端末がことごとくApp Storeを表示するのに時間がかかるしダウンロードボタンをタップしてもパスワード入力もしくは指紋認証ダイアログボックスが表示されるまで時間がかかる。重いというのとは少しニュアンスの違った印象を持つ。ただこれには少し規則性がみうけられるかもしれない。

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大

iOS6とiOS7の違い

このダウンロードがなかなか進まない問題はiOS7のどの端末でも起こっている問題だ。もちろん私の端末での話だが。iOS7にアップデートした端末が急にその症状が出始めiOS6もしくはiOS5のままにしている端末は問題なくすぐにダウンロードが開始される。もちろんApp Storeにもすぐに接続される。

iOS7端末はというとステータスバーの読み込みクルクルがずっと回っていて一向にApp Storeへ接続されない。特に初代のiPad miniは毎度3〜5分かかる。私は画面の自動消灯時間を5分に設定しているのだが、画面が消えて暗くなってしまうこともある。

3G/4Gとの相性問題?

iPhone5からiPhone5sへ機種変した際にiPhone5の方はWi-Fi端末として使用することにし機内モードで使い始めた。するとどうだろう。これまでよりもApp Storeに接続される時間が長くなり、ダウンロードも同じ現象になったではないか。

これまではiOS6よりも遅かったがiPhone5はiPad miniよりも常にダウンロードも表示も高速でこれはiPad miniの固有の問題、もしくはA6チップとA5チップの違いなのかと思っていた。もちろんA5チップのiPhone4S(iOS6)は問題なく高速表示される。

これからわかることは3G/4Gに接続されている端末とWi-Fi専用端末との違いが浮かび上がる。そして機種変した新端末のiPhone5sは以前電話として使っていたiPhone5のように問題なく接続、ダウンロードがされる。恐らくだがSIMをiPhone5に入れ替えてiPhone5sをWi-Fi端末にすると逆になるのではないか。

ちなみにWi-Fi専用端末となったiPhone5で機内モードの有無によるこの問題の変化に関係はなかった。

それとこの問題は3G/4Gを使ってみても、そして自宅以外のWi-Fiを使用してもiOS7なら等しく起こる現象だ。ダウンロードボタンをタップして5分後にパスワード入力を求めらるなんて不便なこと極まりない。

普通は解決法をみつけてこういうエントリーを書くのだろうが今のところは解決策はない。しかし対応策はある。あらかじめアプリをダウンロードする時間が決まっているならその前にApp Storeアプリを起動させておく。一度接続させておくと2度目3度目は初回よりも比較的速く接続されることがある。

こんな方法しか紹介できないが今はこれといった最善策はなくただこれに耐えている。

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大
macyoursレクタングル大

シェアする

フォローする