購入したアプリや曲をiTunesへ転送するには手動対応が必要&新しいAppを自動的にインストール

Forward purchase app music manual itunes

いつからなのか定かではないがApp StoreやiTunes Storeで購入した項目をMacのiTunesへ転送するには手動対応が必要になったようだ。以前はiPhoneを同期させると自動でMacへ転送コピーされていた。iCloudへバックアップできるようになってそれが必要なくなったからなのかもしれない。

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大

iTunesへ購入した項目を転送する

まずアプリや曲を転送したいiOSデバイスをiTunesとUSBで接続するかWi-Fi同期で接続させてそのデバイスを選択する。

そしてiTunesのメニューからファイル>デバイス>購入した項目を〜のiPhoneから転送をクリック。これでiTunesにない購入した項目がMacへコピーされる。

転送する必要性

iCloudへバックアップしているならMacへの転送は必要ないように思われるかもしれないがこれは時には有効な方法である。

なぜならiCloudから復元する場合にはApp Storeからアプリを再ダウンロードするのでそのアプリがApp Storeから削除されていればそのアプリを復元させることはできない。

また、日本では未だにiTunes Matchが使えないようにiCloudへミュージックアプリ内の曲をバックアップすることができないのでこれもiCloudからは復元することができない。

よってMacへ転送しコピーしておくことはバックアップという意味でも非常に有効な方法となる。

新しいAppを自動的にインストール

Itunes auto install app

デフォルトではiOSデバイスが充電中になると自動でiTunesと同期されるようになっている。そこで今回の購入した項目を転送するにちなんで注意しておきたいことがある。

「新しいAppを自動的にインストール」にデフォルトではチェックが入っているがこれにチェックが入っていると同期時に先程転送されたアプリが転送した以外の他のiOSデバイスへ自動的にインストールされてしまうということだ。

100も200もまだインストールされていないアプリが同期時にもれなくインストールされてしまっては消去するのが大変になる。現役を最新機種に譲って引退したiPhoneやiPadには必要最低限のアプリしか必要ないのでこれは無駄な労力に終わってしまうだろう。

現役を引退したiOSデバイスは新しいAppを自動的にインストールのチェックを外しておくことをおすすめする。

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大
macyoursレクタングル大

シェアする

フォローする