Macのデスクトップに動画ファイルを置くとCPU使用率が上がり重くなる

medium_3384206153.jpg

Macの動作はなるべく軽くしたい。メモリを増設などして重くなるのを防ぐ方法もあるけれどまずはMacをクリーンにすることから始めてみるほうがいいと思う。
デスクトップが散らかっているとMacはCPUを無駄に消費してレスポンスが悪くなる。特に動画や画像ファイルをたくさんデスクトップに置いているのといないのではCPU使用率にかなりの違いが出てくる。

それはデスクトップにある動画、画像ファイルはサムネイルが表示されるから。サムネイルが表示されると、ひと目でファイルの識別が可能だし見た目もいい。だけどその分パワーが必要。

それとMacはそれらのファイルのすばやいQuickLookに備えて準備しなくてはいけない状態となる。

Finderの設定でサムネイルを表示しないようにもできるけれど、これはちょっと不便だから現実的ではない。回避方法はそれらサムネイルが生成されているファイルをフォルダに収納する。これだけでCPUの使用率を下げることができる。

デスクトップがファイルで散りばめられているなら今すぐにでも改善してみよう。

参照先 : Mac OS X Hints

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大
macyoursレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大