iOS 6のメールアプリからリンク先をリーディングリストに追加する方法

IMG_1778.jpg

iOS 6になってさらにリーディングリストが便利に使いやすくなりました。キャッシュしてくれるのでオフラインでも読むことができるし3GやLTEなどの通信ができないiPadやiPod touchはとても重宝する機能。iPhoneでブックマークしたウェブページをキャッシュしオフラインで読むことができるというのはInstapaperが先がけだったと思う。当時はネット環境のないオフラインでウェブページを読めるなんて目新しかった。

いまではオフラインキャッシュはほとんどのアプリが対応していてSpoolなど、動画をキャッシュできるブックマークアプリまで登場した。なぜか現在SpoolはApp Storeから消えてます。

そのあとで読むサービスのアップル版がリーディングリストでもちろんキャッシュにも対応した。これはMacのSafariでも同じようにキャッシュされオフラインで読むことができる。

そんな便利なリーディングリスト。iOS 6になってメールアプリからリーディングリストへ送れるようになった。

IMG_1780.jpg

方法はとても簡単。メールにあるリンクを長押しする。これだけでSafariのリーディングリストへページが追加される。

このようにしてメールアプリからガンガン見境なく追加できるわけ。メールでリンクをタップするとSafariがいちいち起動するから、メールをすべてチェックし終わってからまとめてリーディングリストで読むことができる。すばらしい。

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大
macyoursレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大