iOS 6でiPhone 4SのSafariがさらに高速になってる

medium_6884949495.jpg

iPhone 4Sで十分まだまだやっていける。そんな頼もしいお話を紹介。iOS 6にすればiPhone 5でなくてもまだまだ十分戦っていける。
iOS 6になってSafariのページ読み込みのプログレスバーが高速になったと感じているユーザーは多いだろう。実際高速になっている。そういうお話。

iPhone 3GからSafariでブラウジングしているけれどiOSのバージョンアップで毎回以前と比べて何杯、何パーセント高速になったとKeynoteスピーチで紹介され胸踊らされてきたけれど高速になったと体感速度享受できることはほとんどなかったといっていい。残念なことにこれまでは。

ホントに速くなってるの?って感じだった。iPhoneを新型に買い換えないとその速度の違いを感じることはできなかった。

しかしその速度の違いをiOS 5.1.1とiOS 6では感じることができるのだ。見事にチューニングされているのだろう。それではベンチマークスコアをみてみよう。

ios6-page-load-char-tw-100005191-orig.jpg

これはページの読み込み速度。iOS 6ではiPhone 4、iPhone 4S、第三世代iPad、iPad 2でいずれも高速になっているのがわかるだろう。

ios6-sunspider-chartw-100005192-orig.jpg

続いてJavaScriptのベンチマーク速度比較。こちらも軒並み20パーセント高速化されている。

過去のiOSのベンチマークスコアと比較していないのでわからないが、おそらくこれまでのバージョンアップでも今回と同じようなスコアをたたき出していたと思われる。

ではなぜ今回は高速化を体感できるのか。その理由のひとつにiPhone 4SのスペックがiPhone 5にも劣っていない十分なスペックだということがあると思う。iOS 6を十分堪能できるスペックが。

iPhone 5はスルーというユーザーにとっては少しだけ頼もしいお話でした。

(via Macworld

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大
macyoursレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
macyoursレクタングル大